マンガでわかる 今の保険、子どもの将来に備えられる?保険の見直し!保険の無料相談で【生活に役立つ人気商品】プレゼント!!

郵便局の学資保険(はじめのかんぽ)を解説|見積もり前に注視すべき事

かんぽ生命の扱う学資保険(はじめのかんぽ)は、保障と返戻率や払戻金が高い保険でしたが、他社の学資保険の返戻率と比較すると、受け取れる額は下がっており、解約する方も多いと言われていますので、本当にそうなのか、かんぽ生命の学資保険について解説します。

Pocket
LINEで送る

郵便局の学資保険は、郵便局が民営化した際に「かんぽ生命」が取り扱うようになった保険で、学資保険=郵便局というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。補償の手厚さや返戻率の高さが売りである点と、「郵便局が扱っている」という安心感の高さから人気を誇っていた保険でもあります。

しかし、現在は返戻率の高さで言えば他社の保険の方が高い場合も多く、昔ほどの人気はないのかもしれないと言った事も言われています。

そこで今回は、郵便局の学資保険の加入を検討している場合に、注意すべきポイントなどをご紹介していきます。

■学資保険とは?
将来子どもの為の教育資金を確保する為の保険で、毎月定額の保険料を払い続け、満期になれば満期金として給付金をもらうというシステムは、基本的に生命保険と同じか、似たような内容の保険だと思って良いでしょう。
参考:学資保険とは?学資保険に入る時に知っておくべき基礎知識

そもそも学資保険が必要なのかに関しては、「学資保険の必要性と正しい学資保険の選び方」をご覧いただければと思います。

郵便局の学資保険「はじめのかんぽ」の特徴

郵便局の学資保険「はじめのかんぽ」の特徴

まずは郵便局の学資保険、「はじめのかんぽ」に関する特徴を解説していきます。

将来への安心

はじめのかんぽの一番の特徴は、不測の事態に備えて安心を得ることでしょう。はじめのかんぽについて理解するために学資保険についてもう少し詳しく触れる必要がありますが、学資保険には貯蓄と保障の機能があります。

子育てをしながら生計を立てなければいけない中で、子供の学費を念頭に貯金をするのは難しいです。そこで学資保険には、進路の節目に祝金や満期金という形で、お金を受け取れることができます。

祝金や満期金の総額が、払った保険料に対して元がとれるのか(返戻率が100%超えるのか)については後の項目で記述します。

また、契約者である親に万一のことがあった場合、子供の生活を保障するのが難しくなりますが、学資保険ではその後の保険料の支払いが免除され、祝金、満期金が予定通り受け取ることができるのが特徴です。

郵便局ならではの安心感

では、郵便局が扱っている学資保険と、他の学資保険にはどのような違いがあるのでしょうか。学資保険は子供の将来の負担を減らすために加入する方が多いと思います。

つまりは10〜20年先を見据えて学資保険に加入することになりますが、現在、経営がうまくいっている保険会社であれ、その後の10〜20年先の経営状態まではわかりません。

反対に、かんぽほけんは郵便局の傘下のかんぽ生命が扱っている学資保険です。民営化されたとはいえ、今でも根強い地盤が残っている郵便局が倒産することはないでしょう。

では、はじめのかんぽの貯蓄、保障がどのような機能を果たしているのか、以下で詳しく確認していきましょう。

加入できる人の対象

「はじめのかんぽ」に加入できる方は、子供の年齢が以下の方になっています。

  • ・出産前:出産140日前から
  • ・出産後:0歳~最高12歳まで

さらに、保険料の支払い方法はそれぞれ次の2通りあります。

  • ・12歳で払い込みが完了タイプ
  • ・18歳で払い込みが完了するタイプ

 

選べる3つのコース内容

「大学入学時」の学資金準備コース

0歳〜12際の子供がいる家庭で、保険料を17歳または18までに払い込むタイプのコースです。大学への受験費用や初年度納付金、一人暮らしをさせる場合の出費に備えたい場合に加入します。12歳までに払い込むタイプもあり、どちらも満期時には300万円と契約者配当金が支払われます。

「小・中・高+大学入学時」の学資金準備コース

0歳〜3歳の子供がいる家庭で、小・中・高・大学への入学時にかかる出費に備える事ができるコースです。それぞれの入学時に学資祝い金として保険金が受け取れます。

  • ・小学校入学前の12月:15万円
  • ・中学校入学前の12月:30万円
  • ・高校入学前の12月:45万円
  • ・大学入学前の12月:300万円

 

「大学入学時+在学中」の学資金準備コース

0歳〜12歳の子供がいる家庭で、大学の毎年の学費(授業料・実験実習費・留学費など)や学生生活の諸費用に備えるコースです。学年が上がるごとに学資祝金として75万円が支給されます。
 

子供の将来への不安を保険で安心に変えるために一人で情報収集する前に一度保険のプロにご相談することをおすすめします!

 

子供の出生予定日より140日前から加入できる

契約者が父親や母親の場合、子供が生まれる予定日の140日前以降なら加入できるようになっており、子どもの年齢が0歳に近いほど、払込期間が長くなる分、月当たりの保険料は安く済み、返戻率が高くなるという特徴があります。

ちなみに、学資保険では契約者が死亡した時点で、以降の保険料の支払いが免除されます。

倍額補償で死亡保険金が増加する

「はじめのそんぽ」への加入から1年6か月経過後に、災害・不慮の事故・所定の感染症などで死亡・後遺障害になった際に受け取れる保険金が増額する制度です。

例えば、保険金額300万円の契約なら、600万円の死亡保険金が支払われるといった形です。

元本割れしている返戻率

かんぽ生命の以前の返戻率は100%未満となっていましたが、リニューアルされてから105%〜110%前後まで上昇しています。しかし、返戻率110%以上の保険商品もありますので、返戻率で見た場合、かんぽ生命が特別に高いといったことはないでしょう。

しかし直近では、2016年の8月、保険料が改定されたこともあり、再び、返戻率が100%未満となってしまいました。金融商品として運用したいのであれば、かんぽ保険は不向きなことがわかります。

短期振り込みをすると返戻率が上がる

短期で振り込むと割引率が高まり返戻率が高くなるというメリットは5個の保険でも一緒といえば一緒ですが、「はじめのかんぽ」の場合は12歳までの払い済みが可能です。

子供が12歳になるまでに保険料を全額払いきってしまうものなので、いずれ大きな出費が伴うのであれば、より早い段階で終わらせられるという点ではメリットかもしれません。

月払いと比べて年払いが高金利

はじめのかんぽに限った話ではありませんが、学資保険は保険料を一括で支払った方が、金利が高くなる特徴があります。つまりは月払いで保険料を支払うよりも、年払いで保険料を支払った方が、金利が高くなるということです。

子供の将来への不安を保険で安心に変えるために一人で情報収集する前に一度保険のプロにご相談することをおすすめします!

「はじめのかんぽ」コース内容別の返戻率と保険料

「はじめのかんぽ」コース内容別の返戻率と保険料

では次に気になる返戻率を見ていきたいと思います。返戻率が低いと言われてきた「かんぽ生命」ですが、今はどの程度の返戻率なのでしょうか?

12歳までに保険料を払い込むと戻り率が高くなる傾向にありますが、返戻率は「受取総額÷払込保険料総額×100」で計算します。基準保険金額300万円(子ども0歳、口座払込)、祝金をなしとした場合でまとめたものが、以下の内容です。

計算は、かんぽ生命の「保険料のお見積り」で行ないました。

全期間払込18歳満期:基準保険金額300万円

性別 男性 女性
加入年齢 30歳
保険料月額 ¥13,980 ¥13,950
保険料総額 ¥3,020,000 ¥3,010,000
受取額総額 ¥3,000,000 ¥3,000,000
返戻率 99.3% 99.7%

 

12歳払込済 18歳満期:基準保険金額300万円

性別 男性 女性
加入年齢 30歳
保険料月額 ¥20,190 ¥20,220
保険料総額 ¥2,910,000 ¥2,910,000
受取額総額 ¥3,000,000 ¥3,000,000
返戻率 103.1% 103.1%

 

お伝えのように表を見てみても、保険料の払い込み期間を短くすることで返戻率を上げることが可能です。しかし、払い込み期間を短くした分、月々の保険料支払いに負担が出てきます。一方で、上の表のある程度の期間で保険料を払い込むことで元本割れを起こすことも考えられます。

かんぽ保険の払い込み期間を決める際には「月々の負担を減らす(上の表)」か「返戻率を上げる(下の表)」を選択してみるといいでしょう。

 

郵便局の学資保険「はしめのかんぽ」に加入する際の注意点

郵便局の学資保険「はしめのかんぽ」に加入する際の注意点

最後に、かんぽ生命に加入する際の注意点をご紹介していきます。

入院補償特約は付けない方が無難

「はじめのかんぽ」には、特約で入院時の保障を付けることができます。

  • ■入院給付金:満期金を200万円にした場合:3,000円
  • ■手術給付金:満期金を300万円にした場合:15,000円~120,000円
  • ■長期入院一時金:満期金を300万円にした場合:60,000円

一見するとお得な特約ですが、
「満期金を増やすと保障内容が必要以上に大きくなる」
「特約料が追加された分返戻率が下がる」

というデメリットがありますので、学資保険としてわざわざ付帯する必要はないのではないか、という判断ができます。

祝い金を利用すると満期保険金が減ってしまう

郵便局の学資保険(はじめのかんぽ)だけの話ではありませんが、祝い金とは結局のところは満期保険金を切り取って小出しに貰うというものですので、全体として考えた場合、最終的に保険金の金額が下がることになります。

学資保険=計画性の強い貯金として考えるなら、基本的には祝い金は利用しない方が賢い選択とも言えます。

契約者貸付システムを利用するのは利息が付くので勿体無い

簡単に算出すると、子供が18歳の時に100万円の満期金を受け取る場合で、既に50万円保険料の支払いが終わっていたとします。この場合に、50万円の範囲内で短期貸付を行うというのが契約者貸付と呼ばれるものです。

自分が貸したお金を戻してもらうだけなのですが、これには利息が発生し、利息は年2.25%です。銀行の事業用ローンでも年利1.5%ですので、少々割に合わない利と言えますね。

すでに加入している保険と重複の可能性を考える

どのような契約で学資保険に加入するかは、小・中・高・大学のどの時点で、学資をどの程度準備したいかによって決めるのが良いでしょう。

学資保険は子どもがまだ幼い時期に加入するため進路の予想は難しいですが、もっとも費用がかかるのは大学時代です。既存の保険金額と合わせて、すでに入っている保険と内容の重複がないかを確認することが大切です。

保障が必要なければ学資保険ではなく、預金などで積み立てても問題ありませんので、家計から負担できる保険料をもとに考えていただければと思います。

学資保険の代わりに低解約返戻金型終身保険という選択もある

低解約返戻金型終身保険とは、終身保険の一種ですが、通常の終身保険に比べて保険料が安く済み、保険としての保障を残しつつ、学資の為の貯蓄もできるというものです。

貯蓄性だけで見れば学資保険の方が高いですが、低解約返戻金型終身保険は自由なタイミングでお金を受け取ることが可能です。学資としてのみしか引き出せない学資保険とは違い、引き出しのタイミングが自由な分、用途に幅が持たせられるという点では、今後子どもに何が起こるかわからないことを考えた場合、安心できる材料のひとつになることでしょう。
参考:低解約返戻金型終身保険の全てが分かる|特徴から使い道まで

途中解約は大損になる危険性が高い

これは「かんぽ生命」に限った話ではないのですが、中途解約しても返戻金を受け取れるものの、払い込んだ保険料よりもかなり少ない金額、もしくは全くない可能性もありますので、保険料を払い続けられるかよく検討、他の保険会社の学資保険とも比較してみるのが良いかと思います。

【参考】
▶︎学資保険を比較する前に知るべき4つの項目と比較のコツ
▶︎学資保険の返戻率を高める4つの方法と選ぶ上での注意点

子供の将来への不安を保険で安心に変えるために一人で情報収集する前に一度保険のプロにご相談することをおすすめします!

 

まとめ|返戻率で選ぶならおすすめはできない

まとめ|返戻率で選ぶならおすすめはできない

いかがでしたか。郵便局の「はじめのかんぽ」を検討する場合、学資保険の本来の目的である「貯蓄性」という観点、つまり返戻率でみれば、他の保険と比べると大きなメリットは少ないといった所感でしょうか。

母体が郵便局という意味で「安心感」を抱く方は多いですが、保障内容や保険料などで比べても良い保険は沢山あります。名前だけで選ばず、自分が納得のいく形で選んで頂ければと思います。

郵便局の学資保険(はじめのかんぽ)に関するおすすめの記事

>>JAこども共済(学資保険)の種類と保障内容|知っておくべき注意点

JA共済が提供している学資保険「JAこども共済」の記事です。こども共済の保障内容に加え、こどもに対する医療面の保障をしてくれる共済保険についても解説します。

 

>>こども向けの国民共済|医療保障の内容比較から分かる加入のメリット

国民共済(こくみん共済)のこどもを対象にした医療保険についての記事です。共済の特徴やメリットの他に、他の共済と比較してどうか、という点についても解説します。

 

>>県民共済のこども向けプランの保障内容と各項目でみた民間保険との比較

県民共済のこども向けプランの記事です。こども向けのプランが実際にどんな保障内容になってるのか、民間の保険会社などと比較しながら解説します。

 

>>ソニー生命の学資保険スクエアの3つの特徴に関するまとめ

ソニー生命が提供している学資保険「学資保険スクエア」に関する記事です。貯蓄性の高さや多彩なプランがある学資保険スクエアの特徴と保障内容を詳しく解説します。

 

>>学資保険は元本割れしないものを選ぼう|確認ポイントと元本割れ対策

後の子どもの為に教育費や養育費を蓄えておくための学資保険の記事です。学資保険で元本割れをしてしまうケースと元本割れしてしまわない対処法について解説します。

 

>>学資保険の選び方|選ぶ際のポイントと見落としがちなことまとめ

学資保険は種類が多く、選び方によって、損したり、得したりします。ここでは、資保険の種類と選び方のポイント、さらに見落としがちな事柄についてまとめて説明します。

出典元一覧

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. 3位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...