怪我や入院に備える保険

医療保険

医療保険(いりょうほけん)とは病気になった時や怪我をした時にかかる治療費の負担を軽減するために作られた保険です。

  • 加入前に知っておくこと
  • 選び方のポイント

医療保険とは?

病気やケガで入院や手術及び治療を医療機関にて受診する際に対して給付金が受けられるのが医療保険です。
オプションである特約を付加した場合には、死亡保険金や定められた病気になった際の一時金が受け取れます。
短期入院が増えた分、病院からの請求も高額療養費制度適用でない治療も高額化しているため備えは不可欠といえます。

医療保険の保障内容

医療保険

医療保険は入院費用などの負担をメインとしての主契約も元に、ガンや三大疾病などは特約として心配に思う部分をカバーできる特約を負荷しましょう。
現在どのような治療が多いのか?などを考慮すると算出しやすいかと思います。

加入するメリットとデメリット

メリット
  • 年齢を追うごとに病気のリスクが高まっても、月々の保険料は一律。
  • 先進医療を利用しても負担がかからないので安心
  • 一時金受け取りにより働けない間の収入補てんに利用できる
デメリット
  • 多くが掛け捨ての商品で貯蓄を目的としている人には不向き
  • 保険期間が満了すると、保障がなくなってしまう
  • 支払い条件に該当しない場合、受け取れない

種類と特徴

医療保険はほとんどの商品が掛け捨て型になりますが、健康お祝い金付きの商品の場合数年毎に受け取れたり、払込終了時に保険料の全額が戻ってくる商品もありますが保険料は高額になります。

終身医療保険

終身医療保険

保険料は常に一定となり、また保障は一生涯続くのが特徴です。老後の医療費が心配な方に向いている保険です。

詳細を見る

定期医療保険

定期医療保険

月々の保険料は終身保険と比較して安く済みますが、加入年齢が上がるにつれて月々の保険料が上がっていきます。

詳細を見る

女性保険

女性保険

女性医療特約とは女性特有の病気に対する入院や手術などの医療費を保証する制度です。当然ですが女性しか加入することはできません。

詳細を見る

医療保険を選ぶ前に

以前から比べると入院期間は短期化していますが、重症化している場合には長期入院になります。その間働くこともできません。
またガンや心疾患、脳血管疾患の場合、治療後も職場復帰が難しい場合があります。
自由診療の治療である先進医療を利用した場合などは全額自己負担になります。
医療制度や治療内容は日々変化していくので医療保険はより新しい商品を探し、入れ替えていくことをお奨めします。

医療保険を選ぶ際のポイント

特定の病気に備える特約

おもな特約の例

特約は単体でのお申し込みはできないので、オプションとしてつけます。特約の条件を満たすと一時金や毎月一定期間、保険給付金が受け取れます。
具体的にどんな条件なのか各社違いがありますので、細分化して見極める必要があります。

一度の入院での保障限度日数

一度の入院で保障される日数には限度があります。一般的には30日、60日、90日、120日型がスタンダードです。長いものだと180日超もあります。近年では、三大疾病により入院の場合は入院日数無制限などもあります。
高額療養費制度を利用しても意外とかかる治療費なので長期療養に備えておくことをお奨めします。

必要な保障期間

終身医療保険の場合は満期がないため一生涯医療保険を継続することができるのに対して、更新型の定期医療保険は更新にも制限があります。
更新の年齢制限は各社違いますので確認する必要があります。

  終身医療保険の場合 定期医療保険の場合
契約者 30歳 男性 30歳 男性
入院日額 10.000円(60日型) 10.000円(60日型)
手術給付金 1回 20万円・5万円 1回 20万円・5万円
先進医療特約
保険期間 終身 10年
保険料払込期間 終身 10年
保険料 3,477円(月払) 30歳:2,087円(月払)
40歳:2,676円(月払)
50歳:4,407円(月払)
60歳:6,467円(月払)
70歳:10,507円(月払)

※男性の平均寿命79歳で比較した場合

医療保険の控除

所得税控除の対象となります。新制度対象の項目だと介護、医療保険に該当します。
年間保険料4万円が控除の対象の最高額になります。

保険で不安や疑問を感じたら保険コネクトにご相談。保険の専門家が最適な保険を提案。経験豊富な保険の専門家が多数在籍。完全無料

保険を知り尽くした専門家が、あなたの保険の悩みを
無料で解決します。お気軽にご相談ください。

専門家に相談する