女性特有の病気に備える保険

女性保険

女性保険(じょせいほけん)とは、女性特有の病気に備える保険です。万が一、病気にかかった際に入院費用や手術費用を手厚くサポートしてくれる保険です。

女性保険とは

医療保険に女性疾病特約として付帯するサービスがほとんどです。
入院などにより発生する給付金にプラスして欲しいという場合に加入を考えて計画していくものです。

仕組みと特徴

女性特有の病気の際に手厚い保障が受けられる保険です。
医療保険と一部、保障内容が重なる部分はありますが、条件を満たすと給付金がもらえます。

医療保険との違い

通常の医療保険の人

男の子

  • 入院給付日額 × 入院日数分
  • 手術給付金
女性保険の人

女の子

  • 入院給付日額 × 入院日数分
  • 手術給付金
  • 女性保険の入院給付日額 × 入院日数分
  • 女性保険の手術給付金

主契約の日額給付金が十分な保障であれば、限定された女性疾病は必要ないといえます。
健康保険適用の治療に対して給付される医療保険に対し、女性疾病特約は契約上の条件に該当した場合にのみ発生します。
近年では不妊治療も目的とした保険も出てきましたが、取り扱い保険会社は少ない上に条件は限定されています。

女性保険のメリットとデメリット

健康保険適用の治療であれば、女性疾病特約付帯の場合に女性疾病で治療を行うと対象になります。
出産では給付金は発生しませんが、帝王切開や切迫流産などは対象になります。限定されているため医療保険と比べた場合保険料は安くなります。

メリット
  • 女性特有の病気を患った際に、保障内容が手厚く安心できる
  • 医療に上乗せすることで安心できる
  • 必要な場合にのみ付加できる
デメリット
  • 保険料が増える
  • 給付金をもらえない可能性がある
  • 審査が厳しい

女性保険の選び方

女性疾病特約であっても、ガンの治療の際には給付されるなどの各社独自のサービスが異なります。
そのようなサービスの違いなども考慮し、各社の違いを相談されることをお奨めします。

女性保険選びの基本的な考え方

子宮に関連する病気に伴った治療は、長期にわたる場合は多いため、女性の支出の不安視される方が多いと言えます。しかしながら、主契約の医療保険で十分加入されている場合は必要性は低いのでライフプランと照らし合わせて相談しましょう。

女性保険がおすすめな方

  • 女性特有の病気に不安を抱いている人
  • 出産などお金が必要な時に想定外の出費を控えたい
  • 長期間の治療に備えたい
保険で不安や疑問を感じたら保険コネクトにご相談。保険の専門家が最適な保険を提案。経験豊富な保険の専門家が多数在籍。完全無料

保険を知り尽くした専門家が、あなたの保険の悩みを
無料で解決します。お気軽にご相談ください。

詳細はこちら