保険トピックニュース一覧

保険に関する最新情報やニュース、家計に役立つ情報を発信します。

100件のニュースがあります。
  • 新着順
  • 人気順

100件中 1〜20件を表示

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

  6. 保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  7. 神戸蘭子さん不妊治療を乗り越え第2子を授かる。日本の夫婦3組に1組は直面する不妊の苦悩とは?

    神戸蘭子さん不妊治療を乗り越え第2子を授かる。日本の夫婦3組に1組は直面する不妊の苦悩とは?

    日本の夫婦の3組に1組は不妊に悩んでいるのをご存じでしょうか。(参考:国立社会保障・人口問題研究所 第15回出生動向基本調査) 先日、モデルでタレントの神戸蘭子さんが不妊治療を乗り越えて第2子を妊娠...

  8. ジュニアNISAの口座が廃止?教育資金として利用するための注意点とは?

    ジュニアNISAの口座が廃止?教育資金として利用するための注意点とは?

    ジュニアNISAは近年、子どもの教育資金源として注目を集めています。 もともとNISAは株や投資信託などの利益や配当金に対し一定額が非課税になる制度ですが、投資と運用で教育資金を貯めることのできるジ...

  9. FPに聞いてみた!仮想通貨は投資としてどうなの?将来の貯蓄への備えになる?

    FPに聞いてみた!仮想通貨は投資としてどうなの?将来の貯蓄への備えになる?

    少子高齢化社会が加速しつつある現代において、退職金や公的年金へ大きな期待を抱くことは難しいと考える人が増えてきています。 将来の貯蓄への不安を少しでも解消すべく、資産を増やす手段として投資に興味を持...

  10. なぜ?がんで3割がやむなく退職。解雇。働けなくなった場合の生活はどうすればいい?

    なぜ?がんで3割がやむなく退職。解雇。働けなくなった場合の生活はどうすればいい?

    現在、2人に1人が発症するといわれているがんは、生活だけでなく仕事にも大きな影響を及ぼします。 特に働き盛りの時にがんになると、長引く治療や価値観の変化などが原因でやむ負えず退職に追い込まれてしまう...

  11. 他人ごとではない。超巨大地震の再発率は40%。火災保険だけでは補えない被害の実態。

    他人ごとではない。超巨大地震の再発率は40%。火災保険だけでは補えない被害の実態。

    2018年9月6日午前3時、北海道胆振地方で発生した震度7の大地震。 「北海道胆振東部地震」と命名されたこの地震は、かつてない大きな揺れと土砂災害に加え、北海道のほぼ全域で長時間にわたる停電となった...

  12. 老老介護で共倒れ。悲劇を繰り返さないためにも備えておくべき老後の備え

    老老介護で共倒れ。悲劇を繰り返さないためにも備えておくべき老後の備え

    今年の秋、大阪府に住む70代の夫婦が集合住宅の一室で亡くなっているのが発見されました。 遺体が見つかった時、奥さんは布団で衰弱死しており、風呂場ではご主人が、奥さんを思いやる言葉や、介護への苦悩を記...

  13. 節税で消耗するのやめません?iDeCoのみんなが知らない落とし穴

    節税で消耗するのやめません?iDeCoのみんなが知らない落とし穴

    2017年より加入者範囲が広がり、政府の推奨もあって加入者が100万人を超えるほどになったiDeCo(個人型確定拠出年金)。 「節税効果がある」という部分が特にフォーカスされていますが、その具体的な...

  14. iPS細胞でがんやマヒ治療が大きく前進!高額な医療費にはどう対処する?

    iPS細胞でがんやマヒ治療が大きく前進!高額な医療費にはどう対処する?

    2012年に京都大学の山中伸弥教授が作り出したiPS細胞は、医療でこれまで不可能といわれてきた分野を大きく進歩させる世紀の大発明でした。 かつては治らない、特効薬がないと言われていた数々の病気の治療...

  15. 物忘れ、徘徊。家族が認知症を発症。トラブルを起こす前に取っておくべき備え

    物忘れ、徘徊。家族が認知症を発症。トラブルを起こす前に取っておくべき備え

    高齢化社会の日本で、認知症は身近な病気になっており、最近では、若年性アルツハイマーを題材にしたドラマも注目を集めています。 リボン少額短期保険株式会社が行ったアンケートでは、家族に認知症患者がおり、...

  16. 寒いと死亡率が高くなるって知ってました?その原因と対処法とは?

    寒いと死亡率が高くなるって知ってました?その原因と対処法とは?

    ここ数日で気温は一気に下がり、季節はもう完全に「冬」という感じがしますね。冬といえばクリスマス、お正月、バレンタイン・・・など、寒さも吹き飛ばしそうな楽しい行事がたくさんあります。 しかし、冬は季節...

  17. ひき逃げまじ最低!損害賠償が受けられない最悪のケースがあるって知ってました?

    ひき逃げまじ最低!損害賠償が受けられない最悪のケースがあるって知ってました?

    日常生活の中で誰もが突然巻き込まれる可能性がある「ひき逃げ事件」。 ひき逃げは決して許されることではありませんし、もし自分や家族がひき逃げ被害に遭ってしまったらと考えると非常に恐ろしいものです。 ...

  18. 10年以内の再発率が50%。脳梗塞の治療の実態ってどうなっているの?

    10年以内の再発率が50%。脳梗塞の治療の実態ってどうなっているの?

    脳の血管が詰まることで起こる脳梗塞。突然発症することがある怖い病気です。 九州大学大学院の久山町研究所が調査したデータによると、脳梗塞の再発率は1年後で10%、10年後で50%、10年以内に、半分...

  19. がんに次いで死亡率が高い。急性心筋梗塞の再発リスクを下げるための対処法

    がんに次いで死亡率が高い。急性心筋梗塞の再発リスクを下げるための対処法

    がんについで日本人の死亡原因の多くを占めるのが、心臓の病気(心疾患)です。78万人以上に上る年間死亡者数のおよそ24%を締めています。(参考:厚生労働省 平成28年(2016)人口動態統計の年間推移) ...

  20. がんの再発で10人に1人は死亡しているという事実。治療後に行える防止策とは?

    がんの再発で10人に1人は死亡しているという事実。治療後に行える防止策とは?

    日本人の主な死因と言われるがん。 もし、手術や治療を受けた時は加入している生命保険会社から補償も受け取れるので安心して治療に専念できます。 しかし、がんは一度完治したと思われても、再発率が高い...

100件中 1〜20件を表示

  1. 義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  3. アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  4. 日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...

  6. 学資保険って必要?お金のプロにわかりやすく聞いてみた

    学資保険って必要?お金のプロにわかりやすく聞いてみた

    子供の将来の学費について漠然とした不安を感じている猫野きなこです。「学費といえば学資保険」というイメージがあるのですが、実際にその内容は難しそうでよくわかりません。 私は高校時代に動物のお医者さんに...

  7. 働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  8. 子どもが生まれたら加入するべき保険とは?学資保険ってすぐに入るべき?

    子どもが生まれたら加入するべき保険とは?学資保険ってすぐに入るべき?

    子供が生まれると、子供の将来の進学・病気の備えなど心配事が増えてきますよね。そのため、子供を保険に入れたいと考え始めた方も多いのではないでしょうか?しかし、保険の種類が沢山あるため、いつから何の保険に入れ...

  9. ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 皆さんはネットで炎上したことはありますか? (僕はあります、何度も) 近年、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及に伴い、ネッ...

  10. 「あおり運転ざまぁ」録画の瞬間、検挙へ。実際あおり運転されたらどう対処すべき?

    「あおり運転ざまぁ」録画の瞬間、検挙へ。実際あおり運転されたらどう対処すべき?

    運転中に他のドライバーからクラクションを鳴らされたり、車間距離を異様に詰められたり、いわゆる「あおり運転」を受けたことはありますか? チューリッヒ保険会社が9月に公表した「あおり運転実態調査」の結...

  11. 健康長寿のために。認知症への不安解消はかかりつけ医の存在

    健康長寿のために。認知症への不安解消はかかりつけ医の存在

    「健康は富に勝る」 日本をはじめ、中国や英語圏にも同じ意味のことわざがあるほど、有名な言葉ですね。 現在、多くの中高年層が健康に対しての不安を抱えています。もし、病気になってしまった場合は...

  12. 犯罪に巻き込まれた時の医療費は誰が払うの?給付金がもらえない可能もあるって本当?

    犯罪に巻き込まれた時の医療費は誰が払うの?給付金がもらえない可能もあるって本当?

    安全大国だと思われていた日本でも、昨今では通り魔や無差別殺傷など残虐な事件が発生し、ニュースでもたびたび目にするようになりました。普段何気なく生活していても、いつどこで巻き込まれるか分かりません。もしそん...

  13. あの芸能人も発病した脳梗塞。高額な医療費と脳ドックの必要性

    あの芸能人も発病した脳梗塞。高額な医療費と脳ドックの必要性

    年齢や性別に関係なく、誰にでも起こるかもしれない脳梗塞。 脳の血管が詰まってしまい、脳機能に異常をきたす脳梗塞は、最悪の場合死亡してしまう方も少なくありません。 実は、自分が脳梗塞になる可...

  14. ユニークな保障が話題!便利すぎるミニ保険10個をシーン別で紹介!

    ユニークな保障が話題!便利すぎるミニ保険10個をシーン別で紹介!

    近年、個人の状況に合わせて少ない金額で短期間から加入できる少額短期保険「ミニ保険」の市場が拡大しています。 ミニ保険によっては、「あったらいいな」と思っていたものから、「こんなことにも保障が付くの!...

  15. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

  16. 「ジムに通うと保険料が安くなる」話題の健康増進型保険「住友生命 Vitality」

    「ジムに通うと保険料が安くなる」話題の健康増進型保険「住友生命 Vitality」

    「ジムに通うと保険料が安くなる」と聞くとびっくりしませんか? 住友生命が発表した健康増進型生命保険「Vitality」は、従来の保険とは違ったアプローチで話題になっています。 Vitality...

  17. 高額な人間ドック。お得に受ける方法は?生命保険や医療保険は補助してくれる?

    高額な人間ドック。お得に受ける方法は?生命保険や医療保険は補助してくれる?

    自分の身体の異変をいち早く知り、健康状態を把握できる人間ドック。公的医療保険や民間のサービスによる人間ドックの費用補助が行われています。 補助を知らずに人間ドックを受けていた人や、知らなかったために...

  18. しゃれにならねえ!検診での肺がん見落としで死亡。自分でできるがんへの対処法まとめ

    しゃれにならねえ!検診での肺がん見落としで死亡。自分でできるがんへの対処法まとめ

    東京都杉並区の河北健診クリニックが胸部エックス線検査にて、肺がんを見落とし、40代の女性が死亡してしまいました。 さらに、精密検査の必要なしとされた方を再確認した結果、70歳の男性二人が肺がんと診断...

  19. 「アプリから保険に加入!?AIによって保険料が決まる革新的なスマホ保険について調査してみた」

    「アプリから保険に加入!?AIによって保険料が決まる革新的なスマホ保険について調査してみた」

    近年、保険業界もITのめまぐるしい技術革新が起こっています。特に海外では保険業界が今後10年で4倍の成長見込みになると伝えられていたり、最先端のウェアラブルデバイスを使った保険などもリリースされています。...

  20. 期待のがん免疫治療薬「オプジーボ」が値下げでも17万円超。がん保険の保障はどのくらいある?

    期待のがん免疫治療薬「オプジーボ」が値下げでも17万円超。がん保険の保障はどのくらいある?

    がんの治療に大きな効果が期待されているがん免疫治療薬「オプジーボ」。 その高額な薬価は度々値下げされていますが、2018年11月よりさらに値下げされ、当初の価格の約4分の1程度になります。 オ...