「スポーツ選手や歌手などが入る専門的な保険」って実在するの?芸能人の保険事情。

Pocket
LINEで送る

こんにちは。保険ライターの紳さんです。

保険は「万が一の備え」として身近にあって欲しいもの。しかし、正直に言って「わからない」ことも多いですよね。

そこで僕は保険に関する「わからない」ことを無くしていくために、保険にまつわる様々な疑問を詳しい専門家の方にお聞きし、記事を書いています。

 

今回のテーマは芸能人が入る専門的な保険についてです。

 

例えば、有名な歌手にとって声帯(喉)は命だと思うんですよね。万が一、なんらかの病気や怪我で声帯の機能が失われた場合、とんでもない被害となるわけです。

実際に起こったケースでは、音楽家でボーカリストのつんく♂さんは喉頭がんによって声帯の摘出手術を受け、声が出せなくなったことがありました。

「よりにもよって」、ということが起こり得るのが人生ですよね。

万が一に備えて、スポーツ選手や歌手、女優などの芸能人は自分の体の一部(商売道具)に保険をかけておきたいところ。

でも、実際にそんな専門的な保険ってあるのかな?

 

芸能人が入る専門的な保険とは?

 

大谷翔平の手首は世界の宝だ。

羽生結弦の脚に保険はかけなくて良いの?

石原さとみの顔は? シミができるだけでも大問題だ。

 

特定の芸能人は体の一部の機能を損なうと人生を左右しかねない重大な損害が発生します。保険に入ってないと不安だと思いますが、実際にそんな専門的な保険はあるのでしょうか?

知りたい。一般人である自分とは無関係だけれども、知りたい。

 

そこで今回、保険について詳しい専門家である株式会社アークライフ・ライフプロデューサーの中里春奈先生に詳しい話をお聞きしたいと思います。

中里先生、よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

 
 

体の一部にかける保険の有無

先生、実際に芸能人が体の一部にかける保険というのはあるのでしょうか?

一般的な保険の商材として「体の一部にかける保険」というのはありませんが、自分の体の一部に特別な保険をかけている芸能人というのはたくさんいるんです。

たくさんいるんですか!? 保険の商品としては無い、ということは、どうやって保険をかけているのでしょう?

一般的な保険の代理店と相談するのではなく、保険会社に直接交渉することになります。

なるほど。ということは、掛け金とか、保証される額とかも話し合いで決めるんですか?

そうですね。実際にどれぐらいの価値があるか、万が一の事態が起きた場合、どのくらい損害が発生するかを計算して保障金額を決めるのでしょう。掛け金も普通の計算とは異なるかと思います。

 

ちなみに、脚に保険をかけるスポーツ選手や芸能人は多いですね。例えばポルトガルのサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドさんは自身の脚に多額の保険をかけているのは有名です。

他にもテイラー・スウィフトさんもステージに立てなくなると困るので脚に保険をかけてますし、美脚を誇る韓国のアイドルグループなんかも脚に保険をかけています。

なるほど、面白い! 脚の役割こそ違うものの、どの方も脚が命の商売をしていることに代わりはありませんね。

脚以外だと、顔、眼(瞳)、胸やお尻といったパーツに保険をかける例がありますね。珍しいところでは筋肉に保険をかけた人もいます。

芸能人ってすごい……。

というわけで、実際に羽生結弦くんや石原さとみさんが保険に加入しているかどうかは知りませんが、芸能人が保険会社と直接交渉することによって体の一部に保険をかけることはできるんです。

保険会社もなかなか融通が効きますね。計算がすごく難しそうだけど。

 

ちなみに僕のような一般人が体の一部に保険をかけることも、交渉次第で可能なんですか?

可能だとは思いますが、紳さんの体の特定部位にどんな価値があって、その部位の機能が損なわれるとどんな損害が発生するか、お互いに認識しないといけなくなります。

多分、話し合いの途中でめちゃくちゃテンションが下がると思いますね。お互いに。

僕もそう思います。

一般人はあまり、そういう保険は入る必要はないですね。

 

意外と知られていない保険のあれこれ

余談ですが、職業によって生命保険に入れない、あるいは入るのに制限があることをご存知ですか?

えっ。知りませんでした。

業務中に危険がつきまとう職業は生命保険への加入が難しいとされています。例えば映画やドラマのスタントマンとか、戦場カメラマン、氷の崖をピッケルで登るようなアルピニストなどです。

うひゃあ。言葉は悪いですが、「わりと日常的に死にそうな職業」の人たちばかりですね。

また、保険加入のための制限がある職業としては、格闘家とか、トラック運転手、建設作業者、漁船乗組員などがありますね。他にもたくさんありますが。

これらの職業は保険には入れるけれど、加入できる金額の上限が決まっている、などの制限があるんですね。

あらゆる職業の中でも、わりと危険が多いと認定されているわけですね。まぁ、わかります。

また、日本は刺青(タトゥー)に非常に厳しい社会なんです。刺青があるだけで生命保険に入れないケースがあります。まぁ、刺青がある人は肝炎になる確率が上がるという事情もありますが、一番は反社会勢力に関わっている人は保険に入れないという原則があるからです。

あ、そうなんですね。 若者の可愛らしいタトゥーもダメなんですか?

タトゥーの絵柄が明らかに可愛いものなら、保険会社によっては入れるかも知れません。例えば般若と花柄だと…イメージ違いますよね?

まぁ、アウトでしょうね。般若は。

 

たかが骨折でも100万円!?

あと、意外と知られてないんですけど、骨折するだけで100万円貰える保険があります。自動車保険や傷害保険の特約で付帯できます。

うそっ!? たかが骨折で100万円? 誰でもですか?

その保険に入っていれば誰でも貰えます。子供でも。

アメフトとか柔道をやっている人は、ものすごい頻度で骨折すると思うんですけど、そういう人でも入れるんですか?

一部のスポーツ選手は加入できない場合があります。そもそも骨折って、ちゃんとくっついても30年後、40年後に同じ箇所が折れやすくなったりと、しっかりと治療しないと問題が残るような怪我ですからね。しっかり治療やリハビリが必要ではないですか?

へ〜、知らなかった! スポーツをやる子供がいる家庭なら、ぜひ加入しておきたいですね!

最近は生命保険に入らなくても、そのオプションの特約だけ加入することもできるんです。ケガが多いお子さんがいる家庭にはオススメですね。

 

まとめ

スポーツ選手や歌手など、芸能人にオススメの専門的な保険は、保険会社と直接交渉することで入れる。

ということがわかりました。 体や顔のパーツごとに保険に加入できたり、交渉次第で色々と融通が効くのが良いところですね!

また、職業によっては生命保険に入れない、制限がある、ということも勉強になりました。

気になる方は、これを機会に自分の職業が生命保険にスムーズに加入できるかどうか、調べておくと良いかも知れませんね。

 

万が一に備えて、これから危険な職業に就く予定の方は、就職前に保険に加入しておくのが良いかも知れません。意外と料理人とかも「火を使うから」という理由で制限を受ける場合もあるので。

なるほど、それは知らなかった。勉強になりました!

知るということが財産です。保険には色んな種類とルールがありますので、興味を持ったらぜひ、色々と調べてみてください。私で良ければいつでもご相談にのりますよ〜!

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  4. 4位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  5. 5位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  1. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  2. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  3. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  4. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

  5. 保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    保険はカジュアルに加入する時代!?LINEで申し込める「LINEほけん」が便利

    近年、保険への窓口は大きく広がりました。紙の書類にサインをするものだけでなく、ネットを使って保険を申し込めるようになり、昔に比べれば手軽さも増しています。しかし、ネットでOK!と言われても、加入のたびに本...