高齢化社会に向けて。認知症患者の監督義務者を自動車保険の補償対象に

認知症患者、自動車保険
Pocket
LINEで送る

高齢化社会が進む昨今、高齢者や認知症の疑いがある人が起こす自動車事故が増えています。もしも、あなたの家族が認知症を発症し、運転中に事故を起こしてしまったら。

今ご加入の自動車保険では補償外になる場合もあると知っていますか?

増え続ける高齢者の交通事故とその補償範囲について、今一度くわしく調べておきましょう。

高齢者の自動車事故件数の推移

内閣府が発表する平成29年交通安全白書には、75歳以上の運転者による死亡事故の件数と割合の推移がグラフで掲載されています。

内閣府 交通安全白書

(引用:内閣府 交通安全白書

高齢運転者による死亡事故の件数は増加し、加速していく高齢化社会に向けて、さらに増え続けることが予想されます。

警視庁は平成29年に死亡事故を起こした75歳以上の運転者のうち、約49%が直近の認知機能検査の結果、認知症の恐れ、または認知機能低下のおそれと判断されていたと報告しています。
 

認知症患者が事故を起こしたら

認知症の疑いのある高齢者が事故を起こし、加害者本人に責任が問えない状態にある者を「責任無能力者」、責任無能力者に対する監督責任がある者を監督義務者といいます。

現行の自動車保険の補償対象は本人以外にも同居や同一生計の親族が対象であることも多く、家族が監督義務者として同居の高齢者の賠償責任を問われても、基本的に保険金は受け取れますが、例外が存在します。

同居していても生計は別であったり、親とは別居している場合、監督義務者は被保険者に該当せず、保険金は下りません。
 

損保ジャパンは、責任無能力者の監督責任までを保障するよう改定

このような高齢ドライバーに対する自動車保険の盲点を埋めるため、「損害保険ジャパン日本興亜株式会社」は自動車保険を2019年1月に改定し、被保険者に責任無能力者の監督義務者を含めると発表しました。

損保ジャパンの自動車保険改定は、同社が取り組む「SOMPO認知症サポートプログラム」の一環として実施されます。

同プログラムは認知症の方が自分らしく安心して暮らせる社会づくりと、その家族や介護スタッフなどの負担軽減を目的に、今年10月からスタートします。

これから避けては通れない高齢化社会とうまく向き合うため、新たなサービスを通じ、高齢者と高齢者を介護する双方が笑顔で生活できる世界を期待したいものです。
 

出典元一覧

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    『老後のためのお金はいくら必要なの⁉』今から知っておきたい!大人女子のための老後のマネー講座 【期間限定! 大人気女性誌 steady.(宝島社出版) と 保険コネクト のコラボ企画実施中!】

    「老後を考えるのはまだ早いかなと思って、特に何もしていません・・・。」と、老後のお金について呑気に構えていないですか?アンケートを行ったところ、全く何も老後に備えていないと答えた方が6割もいながら、老後に...

  2. 2位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  3. 3位

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    ネットで炎上すると保険がおりる!?話題の「ネット炎上保険」について話を聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。 皆さんはネットで炎上したことはありますか? (僕はあります、何度も) 近年、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及に伴い、ネッ...

  4. 4位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  5. 5位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  1. 豪雪被害の補修で保険詐欺。保障内容は保険会社に必ず確認を

    豪雪被害の補修で保険詐欺。保障内容は保険会社に必ず確認を

    今年は「平成30年豪雪」とも呼ばれる記録的な大雪にはじまり、夏には全国各地で40度超えの高温や集中豪雨など、自然災害に振り回される一年でした。 今回の大雪による被害が多かった福井県を中心に、悪質な...

  2. 「ジムに通うと保険料が安くなる」話題の健康増進型保険「住友生命 Vitality」

    「ジムに通うと保険料が安くなる」話題の健康増進型保険「住友生命 Vitality」

    「ジムに通うと保険料が安くなる」と聞くとびっくりしませんか? 住友生命が発表した健康増進型生命保険「Vitality」は、従来の保険とは違ったアプローチで話題になっています。 Vitality...

  3. 日本未承認の抗がん剤でも保障するがん保険が話題|死亡率低下に期待

    日本未承認の抗がん剤でも保障するがん保険が話題|死亡率低下に期待

    日本人の死亡原因第1位を更新し続けている「がん(悪性新生物)」。 がんの治療法には「抗がん剤治療」があります。抗がん剤は日々進歩しており、治療にはできるだけ最新の抗がん剤を使いたいところですが、日本...

  4. 「家族の健康を支え笑顔をふやす」身近な少額保険「家族あんしん保険」

    「家族の健康を支え笑顔をふやす」身近な少額保険「家族あんしん保険」

    「株式会社カラダノート」と「ジャパン少額短期保険株式会社」は8月23日、子育て世帯に向けた新たな保険を発表しました。 「家族あんしん保険」と名付けられた新商品は、低額の保険料で子育て世代が直面する...

  5. 高齢化社会に向けて。認知症患者の監督義務者を自動車保険の補償対象に

    高齢化社会に向けて。認知症患者の監督義務者を自動車保険の補償対象に

    高齢化社会が進む昨今、高齢者や認知症の疑いがある人が起こす自動車事故が増えています。もしも、あなたの家族が認知症を発症し、運転中に事故を起こしてしまったら。 今ご加入の自動車保険では補償外になる場...