豪雪被害の補修で保険詐欺。保障内容は保険会社に必ず確認を

豪雪被害
Pocket
LINEで送る

今年は「平成30年豪雪」とも呼ばれる記録的な大雪にはじまり、夏には全国各地で40度超えの高温や集中豪雨など、自然災害に振り回される一年でした。

今回の大雪による被害が多かった福井県を中心に、悪質な業者による保険金絡みのトラブルが急増しています。

実際に消費者センターへ寄せられた相談などを元に、その実態を見てみましょう。

豪雪での被害

福井県では今年、最大で150センチ近い積雪があり、総務省のデータベースには昨年11月~今年3月の大雪による被害状況として、全国で1,000棟もの建物に被害があったと報告しています。
(引用:総務省消防庁 災害情報詳報

実際には、総務省のまとめに計上されていない被害も多く存在するといわれており、雪の重みや落雪により家屋の屋根や壁、塀が破損した、窓ガラスが割れた、カーポートや物置などが壊れたという方も多くいらっしゃいます。

雪害によって受けた損害は、加入している火災保険から補償を受けられる場合があります。
 

一般的な火災保険で雪害に対する保障対象の一例

雪が原因で受けた被害に対し、火災保険から保険金が支払われる可能性があるのはこのような場合です。

  • 隣の家の屋根からの落雪で自宅の塀や壁が破損したとき
  • 積もった雪の重みで屋根が破損したとき
  • 積もった雪の圧力で窓ガラスが割れたり、戸や窓がゆがんだとき
  • カーポートや物置が雪の重みや落雪で破損したとき
  • 雪が原因で給湯器やエアコンの室外機が故障したとき

 

ただし、ご加入の火災保険によっては雪害が対象外であったり、カーポートなどは補償範囲外だったりする場合もありますので、大雪による全ての被害をカバーするものではありません。
 

修繕費をめぐる詐欺の手口

火災保険で大雪の被害は保障される可能性がありますが、雪害への保険金給付を利用し言葉巧みに契約を取り付けようとするののが、豪雪被害を受けた人を狙う修繕詐欺です。

「大雪による破損個所を修理すれば、全額保険会社に負担してもらえる」
「保険会社との面倒なやり取りは、全てこちらで行いますよ」

実際にトラブルに巻き込まれ、消費者センターへ相談にやって来た人は、悪徳業者にこのように言われ、強引に屋根や雨どいを修理する契約をさせられたそうです。

実際に家の修繕を依頼してしまった人の中には、保険金を請求しても結局は保障されず、保険手続きのサポート料金や相談料として高額な手数料まで請求された方もいらっしゃいます。

雪害による保障の有無は、加入している保険会社や契約内容によるので、必ず保険金が受け取れるとは言い切れません。

また、多くの保険会社は10~20万円の免責金額を設けており、修理にかかった費用を全額火災保険から補償するのは難しいでしょう。
 

怪しいと思ったら保険会社へ確認を

悪質な業者の中には、実在する保険会社の名前を出し、さも紹介を受けたかのように契約をさせようとする場合もあるようです。

実際に雪による被害で保障が受けられるかは、保険会社へ電話を1本かけることで確認ができます。

業者の話を鵜呑みにせず、疑問を感じたり、怪しいと思ったりしたら、まずは契約している保険会社へ連絡しましょう。

もし、悪質な業者と契約を結んでしまっても、直後であればクーリングオフ制度でキャンセルもできますので、お住まいの消費者センターへ相談してください。
 

出典元一覧

Pocket
LINEで送る

種類別人気コラム

  • 生命保険
  • 損害保険
  • その他の保険

保険トピックニュース

  • 人気
  • 新着
  1. 1位

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    義父が自動車保険をネット保険ではなく代理店で更新し続けていた理由

    皆さまはじめまして! 新・ぜんそく力な日常と言う実体験をもとにした絵日記ブログを運営している碧乃あか男と申します。 今回初めて、保険コネクト様で記事を書かせていただく事になりました。 どうぞ...

  2. 2位

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    アフラックから新発売「かしこく備える終身保険」で顧客ニーズに対応

    2018年7月23日にアフラックより新しい終身保険、かしこく備える終身保険が発売されました。 今回はこの、かしこく備える終身保険のおすすめポイントと特徴をご紹介します。 解約返戻率を抑える代わ...

  3. 3位

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんで破産しないために…がん保険が適用されないケースまとめ

    がんを患った芸能人の訃報が続く2018年。がんに対して不安を感じてはいても、「がん保険がよく分からない」「なぜがん保険が必要なのか疑問」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。 がんに対する備え...

  4. 4位

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    日本の経済ってどうなんだろう?色々と気になる「お金の話」を美人経済評論家に聞いてみた。

    こんにちは。保険ライターの紳さんです。   皆さん、景気はどうですか?   「ぼちぼちでんな」、と答えられる方はどれほどいらっしゃるのでしょうか。僕はここ数年、...

  5. 5位

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    働き盛りの30代に必要な保険って何?30代から考える将来の貯蓄プラン

    30代は性別を問わず働き盛りの年齢であり、仕事やプライベートでも安定した生活を送っている方も多いのではないでしょうか?結婚や病気などにより、ライフスタイルに変化が生じるのも、30代の特徴です。 30...

  1. 「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    「安さだけ」と思ってない?通販型自動車保険の本当の賢い選び方

    任意加入の自動車保険は、代理店やディーラーで加入する人が多いですが、最近はインターネット経由で加入できる通販型の保険が増えたことで、加入手続きが簡単になり、保険料をセーブできるようにもなりました。 ...

  2. 美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品に保険をかけられるって本当?もしもの時に備えるプロの査定保険【アイ・アート・アセット株式会社】

    美術品は資産であり、見る人、愛でる人の心を豊かにするものでもあります。 ただ、保有者には常に「盗まれたらどうしよう」「傷ついたらどうしよう」などの不安が付きまといます。 高価なもの、大切なものであ...

  3. 半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    半年で10万人以上が利用。ロボットアドバイザー「ドーナツ」が保険見直しの「面倒くさい」を1分で解決

    保険は、年齢や仕事・生活の環境に応じて見直す必要があります。 しかし、これがなかなか面倒な作業。 「時間がある時にやろう」と先送りにしてしまう人も多いのではないでしょうか。 そんな時に便利な...

  4. 保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    保険業界にテクノロジーで変革を。加入者へのメリットは?InsurTechの第一人者が語る

    突然ですが質問です。 加入している保険の保険証券、いまどこにあるか知っていますか? 「そういえば?」と思った方はいませんか? 保険証券は加入している保険の情報が記載されている大事なものですが...

  5. 保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    保険のいらない社会へ。子供への犯罪を未然に防ぐ保険会社の新たな挑戦とは?

    GPSやIoTなどの技術を活用した子供を見守るサービスが増えています。 子供の安全確保は親にとってもっとも大事なことの1つ。少子高齢化が進む中では、社会全体で子供を守っていく取り組みが求められていま...

生命保険 680×170