終身医療保険医療の保障を一生涯受けられる保険

終身医療保険(しゅうしんいりょうほけん)とは、被保険者が一生涯、保障を受けられる保険です。また、保険料もずっと一定であるが、定期保険と比べると月々の保険料が割高な保険です。

加入前に知っておくこと

終身医療保険とは

一生涯の医療保険です。年齢に関係なく保障が続きますので、将来に対しての不安を軽減できます。保険期間中に入院や手術をしたとしても、保険料増額や条件変更などはありません。

仕組みと特徴

生命保険の終身保険と同様に。保障は一生涯です。 保険料払込期間を「60歳まで」などの短期払いにすると、退職後の保険料負担がなくなります。

条件変更がない限り、保険料は変わりません。同じ内容でも払込期間によって月々の保険料や払込保険料総額に違いが出てきます。 払込期間を短くすれば払込保険料総額は減りますが、毎月の保険料は多くなります。

仕組みと特徴

終身医療保険の加入例

終身医療保険の加入例

終身医療保険の保険料を抑える方法

月々の保険料は、終身払いにすると一番少ないです。ただし支払期間は一生涯になります。払込保険料総額を抑えたい方は、60歳で払込を終えるような短期払いがいいでしょう。

終身医療保険のメリットとデメリット

一生涯の保障が故にメリットとデメリットがあります。
保障がずっと続くという安心感を得られますが、医療技術が向上したり、医療制度が変わったりすると十分にカバーしきれなくなるかもしれません。

メリット

  • 年を重ねるにつれて病気のリスクが高まっても、月々の保険料は一律
  • 退職後保険料を支払わない方法もある(短期払い)

デメリット

  • 保険内容が契約当時のまま変わらないため、保障が不十分になる恐れがある
  • 定期医療保険に比べると保険料が高い
  • 保険の見直しを忘れがちになる

保険について「何から始めるべきか、何をすべきか、何を聞けばいいのかわからない」と悩まれているなら、一度「保険のプロ」にご相談されることをオススメします。保険だけでなく暮らしとお金に関するお悩みも解決いたします。

完全無料

選び方のポイント

終身医療保険の選び方

保障内容のほかに、保険料払込期間や保険料にも注意しましょう。あまりに短い短期払いにすると、毎月の保険料負担が大きくなり過ぎてしまいます。また、保障内容や特約も商品によって様々なので、詳しく調べることをおすすめします。

終身医療保険選びの基本的な考え方

病気になる確率は年齢を重ねるたびに増えていきます。老後の医療費負担が心配な人にとっては、必要性の高い商品と言えます。
ただし、保険料が割高で、医療技術の進歩により今後魅力的な医療保険が登場する可能性もあるので、加入の際は定期医療保険と比較しながら検討しましょう。

終身医療保険がおすすめな方

  • 一生涯の保障を得たい人
  • 保険料の上がらない医療保険を探している人
  • 後々保険料を支払うことなく保障を継続させたい人

保険について「何から始めるべきか、何をすべきか、何を聞けばいいのかわからない」と悩まれているなら、一度「保険のプロ」にご相談されることをオススメします。保険だけでなく暮らしとお金に関するお悩みも解決いたします。

完全無料